医療脱毛のレーザーの種類

ひとくちに医療レーザー脱毛と言っても、レーザーの波長の違いによって、特徴やメリットも違います。現在医療レーザー脱毛で使用されているレーザーは、大きく分けて3種類です。 一つ目はダイオードレーザーです。 ダイオードレーザーは最先端の医療用脱毛機器で、半導体を用いているため波長の変更が可能となっています。 施術を受ける人に合わせた波長のレーザーを選ぶことができます。 また、新しい技術にも対応していて、日焼け肌や金髪でも脱毛することができます。


二つ目はアレキサンドライトレーザーです。 日本人の肌のメラニン量と相性がよく、ダイオードレーザーより長く使用されてきた歴史があります。 施術時の、レーザー1発あたりの照射範囲が比較的広く、照射回数が少なくて済みます。 また、照射漏れなどのリスクも少なく、ジェル不要のためアレルギーの心配がない、 などのメリットがあります。


三つ目はYAGレーザーです。 3種類のレーザーの中でもっとも波長が長く、肌の奥まで届きます。 シミやアザの治療に使われており、肌が黒い方でも脱毛が可能です。 しかし、レーザーのスポットが小さい機械が多いので広範囲には不向きです。 また、脱毛効果が他のレーザーと比べ低く、クリニックではサブとして使われることが多いようです。 3種類それぞれに特性があるので、「自分に合う医療脱毛のレーザーがわからない」という方は、 クリニックに相談してみてください。